スポンサーリンク

【実体験】なぜ借金を繰り返してしまうのか

スポンサーリンク

借金が膨らみ多重債務となってしまった両親を助けるため、私は総額約400万円のお金を貸しました。

一時的なものですが私がまとまったお金を援助して借金を立て替えると、両親の毎月の返済額が減るので生活が少し楽になります。

しかし、しばらくするとまたいつの間にかどこかでお金を借りてきて、毎月の返済が苦しくなっている。

そんなことの繰り返しが何度かありました。

一体なぜ、返済額が減って生活が楽になってもまた借金を繰り返してしまうのでしょうか。

ねこ
ねこ

家族の借金がまたもや発覚

春乃
春乃

借金は癖になると聞いていたけど、治らないのかな

借金のきっかけ

Photo AC

私の両親は自営業を営んでいます。

自営業者は会社勤めの方よりも事業資金が必要になることもあり、銀行などから融資を受ける機会も多くなります。

そういった事情もあるので、お金を借りることへの抵抗感が通常よりも少ない一面があるのかもしれません。

借りた資金に対してきちんと支払いができるだけの収入が獲得できていれば問題はないのですが、何らかの原因で収入が落ちてしまった時が問題です。

毎月の支払いに回せる資金を確保するため、私の父は銀行以外からもお金を借りてくるようになりました。

借金のきっかけは様々あると思います。

父の場合はギャンブルや贅沢で作ったものではないので幾分か同情の余地がありますが、その後の対応が悪かったため家族までが借金で苦しむことになってしまったのです。

なぜ借金を繰り返してしまうのか

Photo AC

多重債務状態だったため

事業資金として銀行からの融資だけでお金をやりくりできていれば、多少経営が傾いてもそこまで生活が苦しくなることはなかったはず。

経営が苦しくなって毎月の借金の返済が難しくなりはじめた時点で、返済額を少なくするよう交渉するなど債務整理を行っていればよかったのですが、

現実では返済が苦しくなるたびに別の金融機関やカード会社からお金を借りるということを繰り返してしまいました。

その結果、毎月の返済額はどんどん増え、返しても返しても元金が減らずさらに借金を重ねるという事態になってしまったのです。

返済計画が甘い

5万円、10万円など比較的少額のお金でもあちこちから借りていればまとまったお金になります。

少額のお金を短期間の返済契約であちこちから借りた結果、返済のタイミングが集中して手に負えない金額になってしまいました。

長期間で返済するよりも短期間で返済する契約内容の方が利子が安く済む場合も多いですが、そもそも複数の機関からお金を借りてしまうことで返済計画を立てにくくなり、安易な借金を重ねやすくなる条件が整ってしまったのでした。

お金を借りるときは1つの機関から、きちんと計画的に返済できる金額設定で返済していくべきです。

借金ではなく自分のお金のように錯覚してしまう

今月の支払いが足りない。

どうしても欲しいものがあってお金が必要。

そんなとき、気軽にコンビニに立ち寄ってキャッシングをすればまるで自分の預金口座のように簡単にお金を引き出せてしまいます。

こうして一度楽をしてお金を得てしまうと、お金が必要になったときにまた楽をしてお金を手に入れてしまおうと簡単に考え、借金することへの抵抗感がなくなっていきます。

当たり前のことですが、キャッシングで得たお金は自分のお金ではなく借金であり利子とともにゆくゆく返していかなければならないもの。

困ったら気軽に利用してしまうような習慣になっているのであれば、断ち切らねばなりません。

生活の質を下げられない

通常であれば手取りの収入額をベースに生活費などの予算を決めていきます。

残業代などの手当てで多少上下することもありますが、会社員は月々の収入金額の予想がつきやすいです。

一方、自営業の場合は事業の経営状況によって収入額が変動しやすく、収入と支出のコントロールがしにくい一面があります。

収入が減っている一方で、収入があった頃のイメージのまま生活の質を下げられなければ家計はどんどん苦しくなってしまいます。

大事なのは収入に応じた生活を心がけること。

ちょっと高めのおしゃれな服。

健康に良い、ちょっとだけ高いもの。

毎日のちょっとした買い物の積み重ねが分不相応な出費につながってしまいます。

一度生活のレベルを上げてしまうと、なかなかレベルを下げて暮らすことはできません。

大切なことは自分がお金をかけたいものとそれ以外のものをしっかり区別してメリハリのあるお金の使い方をすることです。

まとめ

Photo AC

借金は一度すると癖になると言うのは、あながち間違いではないように思います。

一度楽をして安易にお金を手にしてしまうと、またその方法に頼ってしまいどんどん借金をすることへの抵抗感がなくなっていくからです。

そして、複数の金融機関からお金を借りていくことで借金で身動きができなくなってしまうのです。

今は収入があるからと自分の力を過信したり、少額の借り入れだからすぐに返済できると安易に考えずできるだけ節約するなどで借金をしないようにする。

そして、自分の金銭状況をきちんと把握して必要であれば債務整理の相談をするなど早めに対処していくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました