スポンサーリンク

【茨城発!】登山初心者におすすめの山&コース3選

スポンサーリンク

2019年に新しくはじめたこと。それは、山登りです。

当時は月に3回ほど1時間の軽いヨガのレッスンに通っているだけで、体力にも自信のなかった私。

しかも、ちょっとストレスがかかると学生の頃に発症したパニック障害と過敏性腸症候群に襲われることもしばしば。

山の上に行くなんて、とても考えられないことでした。

山行の最中に体調不良が起きてしまったこともありましたが、おっかなびっくりながら今でも登山は続けています。

今回はそんな、肉体面でも精神面でも山登りをする自信のなかった私が登山1年目で登った山の中から初心者におすすめの山とコースをまとめてみました。

初めての山登りに自信がなく不安。

でも、山登りにチャレンジしたいという方の参考に少しでもなればと思います。

選定基準

私がこの1年間で実際に登った山&コースから選びました。

・私が茨城県に住んでいるため茨城県から日帰り可能な距離。

・眺望や景色が魅力的。

・登山中および下山後も疲労困憊にならず程よい疲労感程度。

・ロープウェイ、山小屋など緊急時に助けを呼びやすい環境。

・登山道がわかりやすく通常では道迷いや遭難の心配がほとんどない。

以上の条件を参考にレベル順に並べてみます。

疲労感については初心者と一言で言っても性差や普段の運動量、体力の影響もあるのであくまで主観によるものですが、いずれも難易度は易しめのものを選びました。

尾瀬ハイキング

5月下旬の尾瀬ヶ原

登山コース・データ

鳩待峠出発→山の鼻→牛首分岐→竜宮十字路→ヨッピ吊り橋→牛首分岐→鳩待峠

・標高差200メートル

・距離17㎞

・歩行時間約7時間。

おすすめポイント

登山ほど険しくなく素晴らしい景色が広がっているので、単純に自然の中を歩くことを楽しめるコースです。

特に水芭蕉の時期は大勢の人たちが訪れますが、他のシーズンでもそれぞれの良さがあり飽きさせません。

ほとんどアップダウンのない整備された木道がなので初心者でも歩きやすく、道迷いの心配もなし。

道中は山小屋が点在しており緊急時の避難や休憩も可能です。

標高差が少しなので体力に自信のない方でも比較的楽に歩けますが、距離が長いので登山の第一歩としての体力づくりに最適です。

那須岳(茶臼岳)

4月下旬の那須岳

コース・データ

大丸駐車場スタート→峠の茶屋→那須岳(茶臼岳)→峠の茶屋→大丸駐車場

・標高差600メートル

・距離8㎞

・歩行時間3時間半

おすすめポイント

標高差や距離もほどほどで4時間あればサクッと登れてしまうのに、山頂の標高は2000メートル。

ゴツゴツした岩肌や高い山ならではの眺望が比較的気軽に楽しめるのが魅力です。

さらに、ロープウェイも運行しているため体力的にきつい時に利用すれば山の9合目まであっという間に着いてしまいます。

筑波山

9月下旬 筑波山山頂から

コース・データ

御幸ヶ原コース→男体山→山頂連絡路→女体山→白雲橋コース

・標高差600メートル

・距離5㎞

・歩行時間3時間

おすすめポイント

私は茨城に住んでいるので、アクセスしやすいのが最大の魅力です。

筑波山の標高は900メートル程度なので山頂からの景色はそこそこですが、道中に神社や奇岩など面白いスポットが点在しています。

ロープウェイやケーブルカーもあり、山頂には売店やレストランもあるので手ぶらで行っても山頂でも暖かい食事やお酒を楽しむことができます。

まとめ

登山初心者は自分がどのくらいの山に登れるのか体力や装備などで不安な面があると思います。

けれど標高が低く距離の短い山やルートを選んでも道迷いや遭難のリスクは残ってしまいます。

最初のうちは経験者と一緒にロープウェイや山小屋などの設備があり、登山客もそれなりにいるメジャーな山に挑戦する方が安心です。

最初は気軽に登れる山を選んで、少しずつレベルアップしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました