スポンサーリンク

【高確率当選!】Twitter懸賞生活

スポンサーリンク

こんにちは、春乃(@SP_Haruno)です。

最近、懸賞やキャンペーン応募にハマっています。

懸賞生活は周期的に自分の中でブームになっていたのですが、結構な数応募しても当選せず、そのうちにやる気がそれてブームが終了する繰り返し。

やっぱり応募するからには少しくらい当たって欲しいものです。

そんな中、今はTwitterを利用した懸賞・キャンペーンの応募をメインにしており、これがなかなか高確率で当たる!

今回の記事は、かれこれ数ヶ月ゆるっと取り組んでいるTwitter懸賞生活についてです。


はるの
はるの

ささやかなプレゼントでも当選すると嬉しい!


Twitter懸賞とは

Twitterアカウントを使って応募できるキャンペーンや懸賞のこと。

特別な条件が付加されているものもありますが、一般的なTwitter懸賞で必要なのはTwitterアカウントだけ。

  • アカウントをフォロー&リツイート
  • Twitterアカウントでアンケートに答える
  • 商品の感想や画像をハッシュタグ付きでツイート

など元手ゼロ円で時間もかけずにできるのがTwitter懸賞の魅力

また、応募してすぐに当たりかハズレがわかることも多く、毎日挑戦できるものも多いので気軽にできるのもポイントです。

どのくらいの確率で当たるのか

当選確率はキャンペーン内容によってピンキリ。

数人だけに高額のプレゼントという企画であれば当然当たる可能性は低いし、よくコンビニなどで行われている100円クーポンのようなタイプは当選人数も多いので高確率で当たっています。

個人的には小さいものから大きいものまで含めると、10回〜20回に1回は当たっている感覚です。

平均すると1日1個か2個応募している程度ですが、もっとたくさんTwitter懸賞している方では2、3日に1個は何かしらの商品が当たっていることもあるようです。

当選しやすい懸賞企画

明確な根拠があるわけではありませんが、これまでの経験則に基づいた感覚的なものだと実際に商品やサービスを購入してツイート応募するタイプは、当選しやすい気がします。

例えば以前ファミレスに立ち寄った時。

たまたま季節のデザートフェアをやっていて、そのデザートを注文。

お店の公式アカウントをフォローし、季節のデザートの写真を撮ってハッシュタグ付きで投稿するとお食事券2000円分が当たるという企画が当選しました。

単にTwitter上でフォロー&リツイートするだけよりも、お店に実際に足を運びデザートを注文した方だけが応募できる企画なので、応募者数が少ないことで当選確率が高かったのだと思います。

注意点

たまに個人のTwitterユーザーの方や聞いたこともないような会社を名乗るアカウントがTwitterプレゼント企画をしていることがあります。

私は誰もが知るような有名な企業の懸賞しか応募したことはないのですが、怪しいアカウントの企画参加には注意してください。

応募後、商品を送付するために住所を教えて欲しいなど個人情報を聞き出そうとする詐欺の可能性もあるようです。

まとめ

はがきでの懸賞応募、某パンまつり応募のためのパン主食の毎日、懸賞アプリ…

今まで色々な懸賞生活を飽きるまで短期集中で行ってきましたが、当選確率と手間がかかる度合いを考えるとTwitter懸賞は気軽にできて高確率当選という美味しいところばかりの企画が多く、ちょっとした楽しみになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました