スポンサーリンク

サブスクリプションの見直しで年間2万円の節約達成

スポンサーリンク

毎月決まった金額がかかる固定費の支出を見直すと、何もしなくても毎月の支出減が期待できます。

特に毎月定期的に支払いをしているサブスクリプション、月額課金しているアプリなどはちょっとしたテコ入れだけで節約効果があるのでおすすめです。


固定費削減で家計の節約効果大!定額制サービスの見直し方
収入額を増やすよりも無駄な支出額を減らして節約する方が一般的な難易度は低め。働き方改革による残業時間の短縮や給料が上がりにくい今、支出のコントロールは家計管理に必要な考え方です。私も今年に入って毎月決めた金額を投資や貯金に...


そんな記事を前回書いたのですが、今月の通信費(スマホ代+サブスクリプションなどの月額課金代)がついに目標額をクリアしました。


春乃
春乃

ちょっとの工夫でできるのが嬉しい節約法♪

ねこ
ねこ

これからも定期的に見直ししていこう

今月の通信費

通信費の項目に分類されているものはスマホの基本料、まとめて支払い(サブスクリプション、月額課金)などです。

上の写真からもわかるように今月の通信費は4,130円。

前月と比べて1,600円のマイナスという結果になりました。

家計簿をつけていて通信費を毎月5,000円以下にするというのがひとつの目標だったので、今回そちらも達成。

見直ししたもの

Alexas_FotosによるPixabayからの画像

・Amazon Music Unlimited ¥1,080

・電子コミック ¥540

サブスクリプション、月額課金を見直しました。

Amazon Music Unlimitedはいろいろな音楽が聴き放題で重宝していたのですが、金額も高めなので一度解約して様子を見ることに。

主に運転中やランニング中に利用していたのですが、無料会員でも聴ける音楽は結構ありますしラジオという選択肢もあるので、意外となんとかなりそうです。

電子コミックは以前登録してダラダラと続けてしまっていたので、これを機にスッパリ解約しました。

どうしても読みたい作品があった時はTSUTAYAなどでレンタルコミックした方が安く済みます。

実はこの他に先月までにAmazonプライム会員(¥500)も思い切って解約しています。

Amazonプライムは配送料無料や映像視聴などコスパの良い内容なので、もしかしたら今後復活させるかもしれません。

まとめ

便利だから、必要だからと毎月支払っているものでも、試しにやめて生活してみると案外それなしでも生活できる場合は多いと思います。

今回のコストの見直しによって削減できたのはひと月単位で見ると1,600円。

年間にすると約2万円とチリも積もれば大きな節約効果になります。

サブスクリプションは毎月数百円という単位で利用できる場合も多く、最初は安易に契約しがちですが料金に対して元が取れない利用の仕方をしているものは定期的に見直しを続けていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました