スポンサーリンク

2019年と2020年の上半期収支を比較してみた

スポンサーリンク

こんにちは、春乃(@SP_Haruno)です。

少し前に総資産が1000万円を突破し、予想よりも早いペースで資産が貯まっています。

そんなに投資にウエイトを置いた資産配分ではないのですが、コロナショックで目減りした分は着々と取り戻せている印象です。

とはいえ、資産アップの基本は収入を増やし、支出を下げること。

私の場合は家計簿アプリのマネーフォワードを使ったズボラ管理。

せっかく家計簿をつけているので今回は、上半期(1月〜6月)の収支は前年と比較してどうだったのか?

比較考察していきます。

収入比較

収入は給料(手取り収入)のみで計算しました。

投資や副業による利益、助成金などイレギュラーなものはカウントしていません。

その結果がこちら。

グラフ内に入れ忘れてしまいましたが、縦軸の単位は万円です。

左から右にかけて1月〜6月の順で並べています。

2020年はきれいに収入が下がっているうえに、2020年内で比べても右肩下がりですね。

これは残業時間が大幅に減っているため。

4月から会社の組織編成が変わり残業を減らす環境を整える動きがあるのと、私自身も最低限の残業しかしないような働き方にシフトしたためです。

収入は半年分で15万円ほど減りましたが、自由な時間が増えてのんびり生活できているので割と満足しています。

ざっくりした金額は下の表を参考に。

2019年収入

2019年1月41.8万円
2019年2月34.3万円
2019年3月37.6万円
2019年4月37.4万円
2019年5月37.8万円
2019年6月33.8万円
合計収入222.7万円

2020年収入

2020年1月40.2万円
2020年2月35.7万円
2020年3月34.9万円
2020年4月33万円
2020年5月31.2万円
2020年6月31.1万円
合計収入206.1万円

支出比較

支出のグラフも左から右にかけて1月〜6月、月ごとに並んでいます。

2020年の4、5月はコロナの自粛の影響もありかなり支出額が抑えられています。

2020年の6月に支出が多くなっているのは結婚式に向けての出費の一部の支払いがあったため。

結婚式の一部費用を加味してもトータルで見ると、2019年よりも2020年の支出額の方が半年で30万円分抑えられた結果となりました。

2019年支出

2019年1月10.3万円
2019年2月34.1万円
2019年3月24.1万円
2019年4月21.5万円
2019年5月17万円
2019年6月9.7万円
合計支出116.7万円

2020年支出

2019年1月11.9万円
2020年2月14.8万円
2020年3月18万円
2020年4月8.3万円
2020年5月8.9万円
2020年6月25.8万円
合計支出87.7万円

2019年と2020年の収支比較

2019年の収支  222.7万円−116.7万円=106万円

2020年の収支  206.1万円−87.7万円=118.4万円

2020年の収入は約15万円ほど落ち込んでいる一方で、支出は約30万円抑えられました。

その結果、収支は約12万円改善です。

今回は手取りの給料のみの比較ですが、さらに配当金などの受取金額は2020年の方が大きいため投資による効果も資産額UPを加速させてくれています。

家計改善成功のポイント

残業時間の削減により収入が減ることはあらかじめ織り込み済みでした。

なので、毎月の支出の見直しをしたり、ふるさと納税やポイ活などお得な制度、サービスを活用すべくアンテナを張って生活するようになったことがチリツモ効果で結果につながったのだと思います。

サブスクリプションの見直しで年間2万円の節約達成
毎月決まった金額がかかる固定費の支出を見直すと、何もしなくても毎月の支出減が期待できます。特に毎月定期的に支払いをしているサブスクリプション、月額課金しているアプリなどはちょっとしたテコ入れだけで節約効果があるのでおすすめです。...
【高確率当選!】Twitter懸賞生活
こんにちは、春乃(@SP_Haruno)です。最近、懸賞やキャンペーン応募にハマっています。懸賞生活は周期的に自分の中でブームになっていたのですが、結構な数応募しても当選せず、そのうちにやる気がそれてブームが終了する繰り返...

資産を増やすには収入を増やす、支出を下げる方法が1番の近道。

下半期は結婚式や引っ越しなどイベントの予定がモリモリですが、自分なりのお金の使い方で取捨選択していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました