スポンサーリンク

2020年1月の家計簿

スポンサーリンク

こんにちは、春乃(@SP_Haruno)です。

2020年1月もそろそろ終わり。

早速ですが、今年1回目の家計簿(2019年12月25日〜2020年1月23日)を公開します。

春乃
春乃

支出は少なめ、収入は多めの月だったので目標達成!

ねこ
ねこ

年末調整の還付金が大きかったね

家計の基本情報


家計の基本情報
  • アラサー会社員
  • 奨学金約1000万
  • 独身実家暮らし(家に入れるお金¥5000)
  • 地方在住、マイカー所有(ローン残りなし)

私の家計簿は実家暮らしの恩恵をこれでもかというほどに受けています。

家賃や光熱費、基本的な食費がほとんどかからないで済むのはありがたいです。


2020年1月の収入


給料(手取り)¥402,385

今月の収入は会社からの給料だけの構成でちょっと寂しい…

ですが、手取りの収入が40万円を超えていました。

明細を見てみると、年末の忙しさによる残業代と年末調整の還付金¥49,049が大きく影響。

年末調整の存在って本当に大きいです。

年末調整とは、1年の間に支払った税金を再計算して調整する仕組み。

税金が多く取られていた場合は還付金が戻ってきます。

支払っている生命保険料も控除の対象なので、毎年申告して還付金をもらっています。


2020年1月の支出


奨学金返済¥44,580
趣味・娯楽費¥39,747
保険料¥22,750
食費¥19,940
ガソリン代¥7,100
通信費¥5,038
交通費¥2,000
日用品費¥1,878
支出合計¥143,033

今年は密かに毎月の支出を15万円以下にすることを目標にしています。

今回は国内旅行に出かけたのでお金を使いすぎないか心配でしたが、無事に支出額の目標クリアできました!


趣味・娯楽費

趣味・娯楽費用の39,747円のうち、約3万円分が旅行先でのお土産代や食費、入園料。

それ以外はスマホ用の持ち歩きキーボードを買ったのとトレーニングジムの料金でした。

年末に怪我をして走ることができなくなったので、運動不足解消に市営のジムに3回ほど通いました。

ジムは1回数百円で利用できるので、手軽に楽しんでいます。

食費

年末年始の休みがあったため出かけることが増え、いつもよりも外食が多めでした。

食費の目標は月15,000円なのであとひと頑張りですね。

通信費

スマホ代、アマゾンプライム会費などネット関係にかかっている費用全般です。

なんとか5,000円以下にしたいので、契約しているサブスクリプションの見直しを実行します。

2020年1月の貯蓄

今月の収支は¥259,352の黒字。

手取り収入に対しての貯蓄割合は64.5%でした。

目標は50%なので、しっかり目標達成。

株価が高い毎日が続いているので、しばらくは投資せず現金で保有していくことになりそうです。


まとめ

2020年1月の家計簿。

振り返ってみると、年末調整でしっかり収入を増やし、国内旅行を楽しみながら支出もセーブできました。

来月は契約しているサブスクリプションを見直しし、通信費を5,000円以下にします。

節約するところとお金をかけるところのメリハリをつけて、満足度の高い生活を送りたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました