スポンサーリンク

2021年5月の家計簿

スポンサーリンク

2021年もあっという間に半分が過ぎました。

独身時代もきちんとお金の管理はしていましたが、結婚してからの方がぐんぐん資産を増やせていて嬉しいです。

我が家はきっちり家計管理をしているというわけでもなく、一応収入と支出項目くらいは把握しておこうというスタンスで家計簿をつけているので日々の生活で節約を頑張っているという意識はほとんどありません。

とは言え家計簿で支出の振り返りができると反省点も見つかるので、ゆるく長くこれからも続けていきたいです。

さて、それでは5月(5/1〜5/31)の家計簿まとめです。

家計の基本情報

・妻31歳、夫30歳のアラサー夫婦

・結婚1年目 夫婦共働き2人暮らし

・愛知県在住 2LDK賃貸(夫の会社より家賃補助あり)

・車1台所有

・お金の管理方法 夫婦で共有(アプリで家計簿連携)

我が家では基本、夫の給与口座から生活費など必要なものを支払い。

私(妻)の給与口座は貯金や投資などの運用資金として使っています。

お小遣い制ではないので、欲しいものがあったら自己判断で買ってもOK

夫の給料だけで生活できるようなレベルを心がけるために家計簿アプリで支出を見える化しています。

結婚後のお金の管理は?共働き我が家の3つのルール
こんにちは、春乃です。結婚生活は思っていた以上に出費がかさんでお金を貯められない…そんな話を周囲から聞いていたので、ずっと実家暮らしだった私は新しく始まる結婚生活にとても身構えていました。しかし、いざ結婚してみると...

5月の収入

項目金額(円)
給与(夫婦合算手取り)471,517円
収入合計471,517円

5月の収入は夫婦2人分の給与収入のみ、一時所得はありません。

配当金などは再投資をする費用のため、収入としてカウントしていません。

夫の給料は家賃自己負担分と持株会費用が引かれた金額

私の給料は持株会費用が引かれた金額です

残業時間の大幅な変動もなく、最近の収入は毎月このくらいで安定していますね。

5月の支出

項目金額(円)
食費51,640
自動車費50,590
教育費45,607
交通費37,240
日用品25,020
光熱費14,388
通信費8,669
医療費6,400
特別費5,969
美容費5,800
交際費4,580
合計255,903

5月の支出は約26万円。

GW旅行の出費に加えて自動車税の支払いが重なったことが支出増加の主な要因です。

食費 51,640円

休日の外食が週末の楽しみになっており、5月もモーニング巡りを中心に夫と食事を楽しみました。

平日の夜はほぼ自炊ですが、肉や魚、野菜などバランスの良い食事を意識すると毎週7,000円近く食費がかかっています。

平日昼は夫は社食、私はお弁当を作ったり作らなかったり。

毎日お弁当の方が食費を抑えられますが仕事の前後であまり時間を取りたくないので、ストレスを減らすためにもこのままで良いかなと思っています。

ほどほどの頑張りで余裕をもって暮らすのがモットーです。

自動車費 50,590円

・自動車税 39,500円

・ガソリン代 11,090円

ガソリン代は普段6,000円前後ですが、今回はGWで遠出したので少し多めの金額に。

夫婦で使用している車は独身時代に夫が購入した、夫の名義のもの。

いつまでも後回しにしている夫のお尻を叩き、締め切りギリギリに支払いました。

教育費 45,607円

・夫の奨学金(無利子分2種類) 16,833円

・夫の書籍、勉強代 2,914円

・妻の書籍代 2,860円

・妻の学会研修費 23,000円

夫分は大きな変動はありませんでしたが、妻(私)分の教育費がいつもより多めとなりました。

バタバタするであろう出産前に必要な単位や研修を取っておきたく、夏までは少し教育費が増えることになりそうです。

5月の貯蓄

5月の収支は471,517円ー255,903円で215,614円の黒字。

貯蓄率は45%で目標の60%には及ばず。

GW旅行の出費を引きずったこと、教育費の一時的な増加、自動車税の支払いがネックとなりました。

5月の投資

下がったタイミングで夫がアートスパークを追加購入していました。

私の方はNISA口座でいつも通りeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を50,000円分積立購入する程度で大きな動きはせず。

投資成績は年初来30%〜35%の間を行ったり来たりの1ヶ月でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました