スポンサーリンク

2021年9月の家計簿

スポンサーリンク

こんにちは、春乃です。

9月末に出産し、我が家は夫婦ふたり暮らしから赤ちゃんが加わった3人家族になりました。

産休・育休でしばらくは収入が夫の一馬力のみとなるため、年末にかけて支出を見直しスリムな家計を維持していきたいと思います。

それでは、遅くなりましたが9月(9/1日〜9/30)の家計簿です。

家計の基本情報

・31歳アラサー夫婦+新生児

・結婚2年目 夫婦共働き(妻:産休中)

・愛知県在住 2LDK賃貸(夫の会社より家賃補助あり)

・車1台所有

・お金の管理方法 全て夫婦で共有(アプリで家計簿連携)

産休・育休中ですが手当てのお金が入ってくるのにはタイムラグがあります。

そんなわけで現在妻側の収入がほぼない状態ですが、我が家では以前から夫の給与口座から必要な支出の支払いが行われているスタイルのため特に家計の管理方法についての見直しはありません。

結婚後のお金の管理は?共働き我が家の3つのルール
こんにちは、春乃です。結婚生活は思っていた以上に出費がかさんでお金を貯められない…そんな話を周囲から聞いていたので、ずっと実家暮らしだった私は新しく始まる結婚生活にとても身構えていました。しかし、いざ結婚してみると...

夫婦共働きでお小遣い制や分担制で家計の管理をしていて、産休や育休等で減収になる場合は改めて家計の支出や分担金額について確認しておくのがベスト。

出産予定日が近くなると毎週のように妊婦健診の予定も入ってくるため、定期的な医療費や必要なベビー用品などの支出が増えます。

女性側にばかり負担がかからないよう調節したり、何にどのくらいお金がかかるのかをしっかり夫婦で共有しておくことで家庭内のお金の不満を溜めずに出産に臨みたいものです。

9月の収入

項目金額(円)
給与(手取り) 223,976円
その他  17,349円
合計 241,325円

現在私が産休中のため、手取り給与額は夫分のみ

一馬力期間中は20万円で生活できるよう家計をスリム化していきたいところ。

その他の収入は、ブログのアドセンス収入や不用品の販売による雑多なものの合計です。

なお、夫の手取り給与は家賃の負担額分と持株会購入分が天引きされたもの。

配当金の振込は再投資にあてるため、収入としては計上していません。

9月の支出

項目金額(円)
食費 34,802円
教養・教育費 24,297円
保険 22,750円
水道・光熱費 18,355円
日用品費 14,106円
健康・医療費 13,740円
通信費  8,669円
衣服・美容費  1,180円
交通費  1,000円
合計 13,899円

9月の支出は約14万円。

臨月に入り、出産前にコロナに感染してしまうことを警戒し厳戒態勢で生活した結果、家と近所を散歩する程度の1ヶ月。

食費がいつもより下がり、ベビー用品も一通り買い揃え終わったことで支出が抑えられる結果となりました。

食費 34,802円

先月に続き、食費は3万円台となりました。

臨月に入り外出することを極力避けたかったため食料品はCOOPで配送してもらうことに。

COOPでの支払いは翌月になるため実際の食費はもう少し多めですが、現段階ではおおむね合格ラインと思っています。

COOPを契約した理由は、買い出し時の感染リスクを下げる目的もありますが妊娠中や小さい子供がいる家庭は期間限定で配送料が無料になる点、離乳食が充実しているという口コミが多かったからです。

臨月の時は感染リスクを下げるためにほぼCOOPで乗り切りました。

COOPの良い点は冷凍品やお取り寄せ品で珍しいものがあったりして、毎回チラシを見るのが楽しみなところ。

一方、野菜などの生鮮食品をはじめ普通のスーパーでも手に入れられるものは値段が若干高めなので、産後体が回復してからは常備品はスーパーを利用しています。

離乳食はまだ未知の領域なので、しばらくはお取り寄せスイーツや手軽な冷凍品ストックを購入していきます。

教養・教育費 24,297円

・夫の奨学金返済 16,833円

・夫の勉強代(経済関係の情報書) 7,464円

夫の奨学金は無利子のタイプであり本人も繰上げ返済を希望していないため、今後も気長に返済していく予定。

夫の勉強代である経済関係の情報書は毎月意外と高いなと思っているのですが、投資や資産運用を楽しんであれこれ勉強しているので自己投資として応援しています。

保険 22,750円

私が20代の時に加入した貯蓄型の保険です。

夫には解約しても良いのでは?と何度か言われていますが、満期の60歳になった時の自分へのプレゼントとして継続しています。

我が家は最近でこそ株高の影響でキャッシュ率が少し高めですが、隙があれば株式購入してしまう夫への最後の予防線として万が一の時に使う最後の砦のつもりでいます。

9月の貯蓄

9月の収支は241,325円−138,899円で102,426円の黒字でした。

貯蓄率は42%

今まで二馬力で金銭的にかなり余裕があった分、生活が落ち着いてきたら支出の削減に少しずつ取り組む予定です。

9月の投資

【購入】

6629 テクノホライゾン

【売却】

6462 リケン

個別株を担当している夫の投資成績は年初比+40%でした。

一方私は毎月恒例の5万円分のeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を積立購入を続けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました