スポンサーリンク

薬学部卒業!新卒病院薬剤師の給料で奨学金1000万円を返済できるか

スポンサーリンク

こんにちは、春乃です。

私は6年制の私立の薬学部出身。

卒業するために6年間で約1000万円の奨学金を借りました。

薬学部卒業後は新卒で病院に就職。

現在は転職しましたが、新卒で入った病院で2年間働いていました。

結論から言うと、新卒で病院薬剤師になっても初任給で奨学金1000万円を返済することは可能です。

病院薬剤師は薬剤師の中でも一般的に給料が低いイメージですが、そんな病院薬剤師時代、奨学金1000万円を返済しながらの生活はどんなものだったかについてざっくりとした家計簿を思い出しながらお伝えします。

奨学金1000万円を借りていた学生生活や、卒業後の具体的な返済額、病院薬剤師の給料など

同じように奨学金を借りている薬学生や、病院薬剤師の給料について興味のある方の参考になれば幸いです。

奨学金1000万円の学生生活

私は大学1年から卒業までの6年間、日本学生支援機構の奨学金(有利子)を満額借りていました。

奨学金として毎月約14万円のお金が振り込まれる契約ですが、保証人を立てられなかったため月額保証料を支払う必要があり、実際に振り込まれていたのは13万円と少しでした。

両親からの仕送りは受けずに生活していたので、月々の奨学金約13万円の使い道は家賃や光熱費・生活費・その他教材費など

単発のアルバイトをすることもあったので、うまく節約できれば月に3、4万円くらい貯金をすることもできていました。

学生生活は長期の休みには青春18きっぷを使って国内旅行をすることもあったし部活もしていたので、時間もお金もそこそこあって、のんびりした生活ができていたような気がします。

私の大学の学費は当時、1年次約220万円。

2年次以降が180万円前後。

学費の大半を両親が負担してくれたので、仕送りなしの奨学金だけの生活で十分1人暮らしができていました。

卒業後の返済金額

大学を卒業後、早速奨学金の返済が始まります。

貸与総額 980万円(利率0.85%)

返還回数 240回

返還額 44,580円/月

通知書に記載されていた返済の詳細は上記の通り。

毎月約4.5万円が奨学金の返済に必要です。

なお、日本学生支援機構からの奨学金の確認方法はこちらで確認できます。

奨学金の残りはいくら?日本学生支援機構の奨学金残高を確認する方法
大学を卒業して数年。毎月容赦無く口座から引かれていく奨学金の返済額。社会人になってから今までコツコツと返済し続けてきましたが、果たして残金はいくら残っているのか気にしたことがありませんでした。今回は、日本学生支援機...

病院薬剤師の初任給

新卒で就職したのは、地元の総合病院でした。

全国に拠点がある大きな病院だったので、比較的福利厚生も良かったです。

初任給は手取り約16万円。

今だったら少ない…!!!と思う金額ですが、当時はこんなにもらえるなんてとむしろ嬉しかったのを覚えています。

9時から17時までの業務はほぼ定時上がりでホワイトな労働環境でした。

当直手当

入社してしばらくすると当直などの夜勤が始まったので手取りは20万円前後になりました。

当直は当番制で、月に2回くらい。

9時から17時まで日中の業務をして、そのまま当直室に泊まります。

途中夜間でも緊急の処方などが入るので、その度に起きて仕事をしながら翌日の午前中に引き継ぎをして業務終了です。

1回の夜勤で2万円くらい手当てが出ていたので、残業時間がほぼない状況ではありがたかったです。

ボーナス額

私の職場ではボーナスは年に2回。

業績によって変動しますが、夏と冬に支給されて満額だとそれぞれ手取りで40万円前後くらい支給されていました。

昇給

病院は年功序列の給与体系が根強く残っているところが多いです。

なので、長く働いていれば能力に関係なく役職につけるし給料も増えていきます。

私の勤めていた病院も能力よりも勤続年数の方が重視された給与制度になっていました。

1年目から2年目になった時、1万円程昇給しましたが税金などが引かれ始めたため毎月の手取り額としては大きな変化を感じませんでした。

ただ、ボーナスは夏と冬満額支給されたので1年目との大きな違いですね。

病院薬剤師時代の年収

1年目

1年目は年収350万円くらい。

手取りに換算すると280万円くらいでした。

夏のボーナスが満額もらえないのと、当直をしていない期間があるので少ないですね。

2年目

2年目は年収400万円くらい。

手取りに換算すると315万円くらいです。

相変わらず残業時間はほぼなかったので、1年目の年収と比べると当直と2回分のボーナスの差が現れています。

年代別 薬剤師の平均年収

余談ですが、平成30年当時の厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」をデータにしたものがマイナビのサイトに載っていました。

それによると、薬剤師の平均年収は以下の通りです。

・20代  男性 約413万円  女性 約408万円

・30代  男性 約617万円  女性 約536万円

・40代  男性 約665万円  女性 約597万円

・50代  男性 約687万円  女性 約570万円

薬剤師の平均年収(給料)はいくらぐらいですか? |薬剤師の転職Q&A | 薬剤師の転職・求人・募集なら【マイナビ薬剤師】
働く上で、ご自身のお給料が高いのか低いのか気になるものです。 そこで、現役の薬剤師さん500人に本音で聞いた年収・お給料事情から、勤務先別の平均年収やランキングをご紹介いたします。 さらには転職成功事・・・

ちなみに、現在病院から転職を経て30歳になった私の現在の年収は約600万円。

女性の年収が男性よりも低いのは時短勤務やパート勤務で働く人の影響があることを考慮すると、この年収情報は概ね当たっています。

薬剤師の給料は他職種よりも安定的ではありますが、年功序列に増えていくものではなく年収700万円を前に途中で頭打ちになってしまうのが一般的です。

新卒時の年収でいうと、やはりドラッグストア>調剤薬局>病院となります。

奨学金返済中の生活

新卒時代の生活を振り返ってみます。

年収350万円、手取り額が280万円。

1ヶ月あたりに換算すると、給与振込額(手取り)は毎月23万円前後になります。

実家暮らしなら余裕がある

奨学金返済4.5万円
実家に入れるお金1万円
交際費2万円
通信費1万円
食費1万円
被服・美容費1万円
交通費1万円
その他1万円
貯金10万円

上記が平均的な私の家計簿。

実家暮らしをしていたため、家賃や食費をかなり浮かすことができました。

ちょっとカツカツ気味でしたが毎月必ず10万円以上は貯金すると決めて定期預金を組んでいました。

その甲斐あって、単純計算でも1年間に約120万円は貯められる家計管理ができていました。

実家に入れている金額が少ないというのもありますが、新卒の病院薬剤師でも普通に生活する分には余裕を持った暮らしをしながら奨学金を返していくことができます。

一人暮らしならギリギリの生活

私が就職した病院は福利厚生に家賃補助がありました

茨城県では一人暮らし向けの物件の家賃は5万円から6万円が一般的。

満額で3万円まで家賃を補助してくれたので、一人暮らしの場合でも6万円の家賃のうち半分程度に抑えることができます。

その点を踏まえると、一人暮らしをしながら病院薬剤師の初任給で毎月4.5万円の奨学金を返済することは可能だったと思います。

ただし、毎月の家計収支はトントン。

実際に一人暮らしをしていたわけではないのであくまでも仮定の試算ですが、一人暮らしで毎月奨学金4.5万円の返済をする場合、毎月の貯金額はほぼできないか、かなり微々たるものになると思います。

奨学金の返済プランをしっかり考える

奨学金は大学を卒業するために必要不可欠なお金ですが、借金であることに変わりありません。

結婚や出産、転職などの転機が訪れる前に、きちんと返済プランを考えておくことが大切。

繰越返済や一括返済をするのもひとつですし、奨学金は利子が低いのでコツコツ返済しながらしっかり貯金を増やし、状況が変わってから臨機応変に対応するのもひとつの方法です。

まとめ

薬剤師は医療職で比較的安定した給料がもらえる職業ですが、2020年は新型コロナウイルスの影響で病院を受診する人が減り、医療業界も大きな打撃を受けました。

その結果、パートや派遣薬剤師の雇い止め。

正社員の薬剤師もボーナスが下がるなどの影響が全体で出ています。

たとえ給料が下がっても奨学金の返済は変わらず毎月やってくるので、なるべく早いうちから生活防衛費としてまとまったお金を貯めておきたいところ。

特に新卒の病院薬剤師は他の就職先よりも給料が低めになる傾向があるため、一人暮らしをしながら奨学金を返すには支出を減らすか、収入を増やす努力をするなど家計の収支を気にしてやりくりする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました