スポンサーリンク

【保険は損する?】結婚・出産して生命保険を解約した理由

スポンサーリンク

やまち
やまち

家族が増えたタイミングで改めて家計の支出を見直しました


はるの
はるの

その結果、独身時代から入っていた保険を解約しました

家族構成や資産状況によって保険の必要性は変わってきます。
私は独身時代に何となく入った保険が今の自分には必要ないものと判断し解約しました。

もっと早くやめれば良かったというのが正直なところですが、それは今だから思うだけで、社会人になりたての私には必要なことだったのかもしれません。

今回は5年以上続けていた生命保険を解約するに至った理由、解約により生じたメリット・デメリットをご紹介します。


この記事がおすすめな人

・生命保険のデメリットについて知りたい
・何となく保険に入ったものの見直すべきか迷っている
・保険を解約したいと思いつつ踏ん切りがつかない

解約によるデメリット

5年ちょっと続けていた生命保険。
私は貯蓄型のものに入っていました。

貯蓄型は保険としての効果もありながら貯金としても積み立てできる商品で、満期までしっかり継続できれば損をすることもなさそうという理由で選びました。

結局、満期になる前に解約したため、今まで積み立ててきた金額に対して戻ってきたお金はかなり少ないものでした。

実際にどのくらいだったかと言うと、今まで積み立てていたお金の合計が140万円くらい。
返戻金は約57万円でした。

保険のお世話になることなく解約したので、金額的には80万円くらい損をする結果になりました。

もしもの時の備えになるのが保険なので、当たり前ですが生命保険で得をするということはほとんどありません。

生命保険に入った理由

そもそも、私が生命保険に入った理由はとてもふわふわとしたものでした。

親に勧められた

生命保険に入ったのは社会人1年目の時、両親に強く勧められたのがきっかけでした。

自分では必要性を感じていなかったものの『年を取ってから入ろうと思っても保険料が高くなって苦労する。何かあったときのための貯金にもなると思って入っておいた方が良いよ』

自分たちは若い時にしっかりとした保険に入っていなかったことを後悔したという両親に言われ、社会人とはいえお金のことが右も左もわからなかった当時の私はそういうものなのかなと半信半疑ながらも一応加入することにしたのです。

何となく入っていると安心かも?

当時は働き始めたばかりで貯金もなかったし、奨学金も1000万円近くありました。
万が一病気などで働けなくなった時のため、保険に入っておいた方が安心できるという気持ちがありました。

貯蓄型なら損をしない?

保険商品はたくさんの種類があり、どんなものを選べば良いのか。
迷った末、当時の私は絶対に損をするのは嫌だ!と考えていたので掛け捨ての保険ではなく貯蓄型を選ぶことにしました。

色々なお金の本を読むと、『貯蓄型の保険商品は貯蓄もできて保険も使えるので良い所どりのように思えるが逆に損をしてしまったり保険商品として中途半端なものが多い』ということが書かれています。

実際、私が入っていたものは途中で解約したときの返戻率がかなり低く設定されており、満期以降に受け取れるお金も資産運用などで増やすことと比べれば損にはならない程度の金額でしかありません。

今だから思うことですが物価の上昇や満期になるまでお金が長期間動かせないことのリスクを考えると、度々話に聞く通り、貯蓄型保険は良いところばかりの商品というわけではありませんでした。


解約した理由

解約すると今まで積み立ててきたお金の大半が無駄になってしまう…。
そんな最大のデメリットを抱えて悩みました。

しかし、結婚し子供も生まれた今こそ将来に向けてしっかりと取捨選択するには良いタイミングでした。

何となく入って続けてきた保険でしたが、ここでしっかり『保険に入る目的』『そもそも保険は必要か』という点を夫婦で話し合いました。

十分貯蓄ができた

解約した最大の理由は、資産が増えたことでもう保険に頼る必要がないと感じたから。

社会人になりたてだった当時は貯金がほとんどなく、万一働けなくなった時の備えが必要でした。

ですが今は万一のことが起きても夫婦2人ともの収入が途絶えるという状況は考えにくいし、そんな事態になってもまとまった貯蓄があるので当面の生活に困ることはありません。

保険料が高い

保険料は毎月約23,000円。
結婚前に契約したものの受取人は夫に変えて、家計とは別にしてある独身時代の貯金口座から引かれていました。

育休中で収入が減っている中、毎月数万円が保険料にかかるのがもったいない。
もっと満足感の高いお金の使い道をしたいと思うようになりました。

効率的にお金を増やしたい

毎月数万円の保険料を支払っても、お金が返ってくるのは数十年後に満期を迎えてから。
しかも戻ってくる金額はタンス貯金とほぼ変わらない…。

それなら資産運用に回して、より効率的にお金を増やす方が良いと判断しました。

まとめ

・社会人になり両親の勧めもあって何となく始めた生命保険

・解約したら、返戻金は支払ってきた金額に対して約4割ほど

・保険解約を決めた理由は十分貯蓄ができ、よりお金を増やす使い方にシフトするため

タイトルとURLをコピーしました